「訳が分からない間に葬儀が終わっていた。思ったより費用がかかった。これが正解だったのか?」

突然の身内の死。ほとんどの人が初めて直面するために何をすればよいのかわからず、頼る相手もいない中で葬儀の手配を進めなくてはなりません。

病院出入りの葬儀社、インターネットで低価格をうたう葬儀社へと依頼をする方が多いでしょう。

「大切な家族のためにこのくらいは・・・」という葬儀社の巧みな営業に乗せられて、高すぎる祭壇を選んだり、高額の葬儀プランを頼んでしまいがちです。

葬儀のお手伝いをする中で私たちは、お葬式の準備や心構えが出来ていなかったご家族の葬儀ほど

「高くついた」「悔いがある」「想い残しがある」

というような残念な結果になる傾向があると気付きました。

葬儀について知識の少ない方々に、

「本来の送る意味を伝えたい」
「亡くなった家族のために、何がベストなのかを共に見つけるお手伝いをしたい」

と強く思い、葬儀オピニオンを広めようと考えたのです。

私たちは「葬儀オピニオン」です。

「こんなにお葬式が変わってくるんですね!」
費用の減額や内容改善で驚かれる方が続出

私たちは、葬儀の価格と品質を適正にする志命を持つ『葬儀オピニオン』です。対葬儀社として交渉したり、見積もりやご請求を見直すお手伝いをしています。

22年間葬儀ディレクターという仕事を通して、葬儀への不満をもつご葬家様をたくさん見てきました。

その経験から学んだことは、葬儀が初めてのご家族、中でも、葬儀がよく分からない、人の良いご葬家様ほど、見積もりや請求書に無駄が多く盛り込まれており、ちょっとしたアドバイスで驚くほど葬儀費用を減額できるということです。

今まで大手の葬儀社に勤めた経験から、対葬儀社のセカンドオピニオンとして、ご縁のあったひと家族ひと家族の葬儀費用を適正価格に改善してきました。見積もり前、葬儀中、請求後にも、費用改善できる箇所は見つかります。

実際に葬儀オピニオンをご活用いただいた方には、「こんなにお葬式が変わってくるんですね!」と驚き、喜ばれる方が続出しています。

葬儀 セミナー

また、セミナーや講演会を開催したり、ご生前なら本人が希望する形を相談しながら一緒にエンディングノートを作り上げたりという活動も行っております。


「葬儀費用やその他の諸経費がどんどん足されて 最初の見積もり費用より高くなっていくんじゃ・・・」

葬家として考えていた予算よりも、かなり高くなってしまうのには、実はこんな問題があります。

・生花祭壇の料金に、本来は使用していない白木祭壇の料金が追加されていた。

・お供物、葬儀スタッフの料金が不必要に上乗せされていた。

・お料理、返礼品を少ない人数で見積もったために、実際の参列の人数分が予算オーバー。

・本来ならば葬家に請求するべきでない費用も追加されていた。

葬儀のことを知らないために、見積もりを見てもわからず、葬儀社の言うままに高額な費用を押し付けられていることがあるのです。

テレビや雑誌では、葬儀業界の裏話や、同業者の暴露をしていたりしますが(同業他社と同じことをやっているので)本当の事実を教えてくれたりはしません。

インターネットのホームページを見ても、同じような金額で、同じような内容の葬儀ホームページばかり、いったいどこに頼んだら良いの分からない現状になっています。

私も大手葬儀社に勤めていた時は会社の方針に従い、売上重視で見積もりを進めてしまっていました。

葬儀の裏側を知っているからこそ見えるものがあります。

 

葬儀オピニオンなら、ご葬家の不安(費用面と葬儀品質)を解消し安心して、すべての想い残しが葬られるようにお手伝い致します。

家族の希望を確認して、その方にあった葬儀社を選定。

相談に立ち会う事で希望を代弁しながら、選定した葬儀社の良いところを出しつつ、お客様の希望に添えるように代理交渉致します。

葬儀オピニオンをご活用いただいた方々の事例

事例1)写真、供物、人件費などを指摘して値引に成功

葬儀社Sに依頼したら家族葬なのに高い請求書が来た例。

・生花祭壇を行うのに白木祭壇費用プラス生花祭壇を取られていた。
・遺影写真の費用に修正加工費用以外に額代、手札写真代が含まれていた
・祭壇お供物が、38000円。葬儀スタッフが一日65000円など、葬儀単品価格に上乗せされて請求された

写真、供物、人件費などを指摘して値引に成功。

 

事例2)見積総額50万円程安く見積施行

葬儀社Jに事前見積をお願いした際の例

・常設白木祭壇を勧められ、生花祭壇ならプラス30万円となった
・お料理、返礼品は10人分でしか見積を出さなかった

弊社で生花祭壇で見積りし直し、総額50万円程安く施行した。

 

事例3)総額60万円程安く、納得の行く生花祭壇で葬儀施行
病院出入りの葬儀社Aに葬儀見積をお願いした例。
・生花祭壇は92万円からでしか出来ないと言われた。
・葬儀セットの中に受付スタッフ代35,000円が含まれていた。
・ご遺体処置に15万円上乗せされていた。
こちらの例では、見積りの段階で家族がおかしいと思われたようで、当社に適正なのかを尋ねてこられました。
そのまま見積をし、後日連絡をする形で引き取って頂き、再見積りとなりました。
その結果、総額60万円の減額となりました
納得の行く生花祭壇で葬儀施行を行いました。

 

事例4)人件費が高いなど指摘したところ200万円安くなりました。
法人会長がお亡くなりになり、社内の知り合いの葬儀社Bに社葬を見積もってもらった例。
・葬儀施行費、祭壇撤去費が入っていた。
・人件費が高いといった点を指摘したところ、200万円安くなりました。

 

お申し込みの流れ

葬儀オピニオンへのお申し込みは以下のような流れとなります。

お問い合わせ
まずはお電話かメールにてご連絡ください。
ヒアリング
ご予定の葬儀見積もりをお取りいただき、FAX、PDF、写メールなどでお送りください。
添削の返送
相場の金額に添削したものをFAX、PDF、画像等でご返送いたします。葬儀の流れのパンフレットもサービスで一緒にお送りいたします。

葬儀オピニオンにご相談ください。

葬儀費用が高いと感じる方はご相談ください。0120-444-613営業時間 9:00-22:00 全国対応

お問い合わせはこちら

葬儀お見積りのセカンドオピニオンにかかる費用

個人 着手金 1万円 税別
対象エリア 全国対応
営業時間 9時から22時

葬儀の代理交渉とコンサルの費用

【代理交渉のご依頼の場合】

個人 着手金5万円
対象 23区、多摩地域の都内側
営業時間 24時間
見積もりがある場合は交渉し、成功報酬20%となります。

電話にて代理交渉し、価格を下げる(全国)
23区、多摩地域等の近場へは現地へ伺い代理交渉いたします。

【通夜、葬儀告別式進め方コンサル】
1日3万円

法人の場合の費用について

法人 着手金 10万円
【通夜、葬儀告別式進め方コンサル】
1日10万円
密葬、本葬 20万円
本葬のみ  10万円

葬儀費用が高いと感じる方はご相談ください。0120-444-613営業時間 9:00-22:00 全国対応

お問い合わせはこちら

葬儀オピニオンが選ばれる3つの理由

葬儀費用が高いと感じる方はご相談ください。0120-444-613営業時間 9:00-22:00 全国対応

お問い合わせはこちら

オピニオンブログ

Hello world!
2020年3月1日
お電話でのお問い合わせ
PAGE TOP
MENU